IELTSで留学, IELTSの情報, IELTS受験のヒント

2014年03月26日

【IELTS受験のヒント】第16回 実践的な文法力を身につけよう

IELTS_preparation

 

第16回 実践的な文法力を身につけよう

 

皆さん、こんにちは。

 

英語を勉強するときに、欠かすことのできない英文法ですが、何のために英文法を勉強しているのかを明確に意識していますか?

結局のところ、英語という言葉は1つで、文法もリーディングもリスニングも、そしてライティングなどもそれぞれが連動していなければ上達は難しいと思います。

 

そんな中、僕が実践して、とても効果が上がった英文法の学び方は、英文法書で1つの項目を理解したら、オンラインのニュースサイトで英字新聞などを読みます。

 

そのときに、英字新聞の意味を理解することを意識するのではなくて、文法書で理解したばかりの項目に意識を向けてチェックをどんどん入れていきます。

 

例えば、時制を習得するならば、まず時制の項目を一通り読んで理解したら、英字新聞などで、とにかく時制が関係しているところにチェックをいれて、なぜその時制になっているのかをじっくりと考えます。

 

必ず納得がいくまでこれを繰り返していくと、実践の中での英文法力が着いてきて、学んだことが、使えるものになっていきます。

 

文法の勉強は文法を理解することにゴールを設定するのではなくて、まずはその文法を使って英文を理解できるようになることにまずはゴールを設定してみてはどうでしょうか。

 

英字新聞は英語の宝庫で、読んで、理解して終わりというのでは、とてももったいないので、単語に注目をして読むとき、文法に注目をして読むときなどを意識しながら読むと、英語の総合力を高めることができるのです。

 

オンラインニュースサイト

 

(お勧めのニュースサイトがありましたら、ぜひご紹介ください!)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログの感想、IELTS対策で取り上げてほしい

テーマなどのリクエストはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


The following two tabs change content below.
1984年生まれ。同志社大学経済学部卒業後イギリス留学を決意。苦手科目であった英語を克服し、ケンブリッジ大学大学院へ。ケンブリッジ大学では心理学を専攻し「知能」と「モチベーション」の研究をテーマに修士課程を修了。ケンブリッジ大学に入学した2007年からIELTS講師として活躍。これまでに1,000を超える日本人を指導し、京都に設立した教室には遠方からも受講生が集う。2013年7月22日には日本人が最も苦手としているライティング試験に特化した『IELTSライティング完全攻略』(明日香出版社)を出版。

 

 

 

 

 

Category

 

 

 

Tags

 

PAGE TOP

Copyright © 2017 British Council. All Rights Reserved.