IELTSで留学, IELTSの情報, IELTS受験のヒント

2014年04月23日

【IELTS受験のヒント】第18回 スピーキングのために表現力を高めよう

IELTS_preparation

 

第18回 スピーキングのために表現力を高めよう

 

皆さん、こんにちは。

 

スピーキング試験に向けて大切なことの1つは、使える表現を増やしていくことです。

繰り返しになりますが、頭の中の引き出しに入っていない表現は

当然、試験中に空から表現が舞い降りてくるような奇跡は起こりません。

 

ですので、今回はいくつかスピーキング試験で活用できる表現をご紹介したいと思います。

 

  • I used to … when 〜 (〜のとき、よく…していた。)

例文:I used to study German when I was young. But I am no longer interested in it.

 

自分の発言に肉付けする方法の1つが、「対比」です。

 

「海外では××だが、日本では〇〇だ。」というように、同列のものを比較することももちろん効果的なのですが、時間軸での対比も効果的です。

 

 

  • make it a rule to do (〜することにしている)

例文:I make it a rule to go to bed at 11.

特にPart1では個人的な質問が投げかけられます。

そこで「習慣」を表す、表現をいくつか知っておいても損はしません。

 

否定文で、〜しないことにしている、と表現したいときは、

I make it a rule never to eat after 9.(9時以降は決して食べないようにしている。)

I make it a rule not to eat after 9. (9時以降は食べないようにしている。)

のようにしてもいいでしょう。

 

 

  • Nothing is more X than Y (YほどXはものはない)

例文:Nothing is more important than health.

 

最上級を表す様な表現も効果的ではありますが、比較級を使って最上級を表現するということにもチャレンジしてみたいですね。

 

例文:Nothing is more important than having a balanced diet.
(バランスの良い食事を摂るほど重要なものはない。)

とthanの後ろは動名詞でも良いでしょう。

 

“Nothing is easier than self-deceit.
For what every man wishes,

that he also believes to be true.”

 

という格言がありますが、一行目には

「自分をだますことをほど簡単なものはない。」と、フレーズを使っています。

 

 

  • If I had more X, I would … (もっとXがあれば、…するだろう)

 

例文:If I had more money, I would travel more. (もっとお金があれば、もっと旅行するのに。)

例文:If I had more time, I would study more. (もっと時間があれば、もっと勉強するのに。)

 

仮定法の表現です。自分の考えや事実だけを淡々と話すことだけではなく、仮定法を使って、願望を表してみてもいいでしょう。

 

仮定法の表現はこれだけではありませんから、少し表現に多様性を持たせるために、

アイデアの出し方も考えていきたいものです。

 

さて、上記のように例としていくつかのフレーズを選んでご紹介致しました。

何度も何度も文を作ることを繰り返していくことを

習慣化できると、素晴らしい表現力が備わることでしょう。

 

他にもリスニング教材のスクリプトを覗くと、表現の宝の山のようにたくさんの素晴らしい表現を見つけることができます。

 

リスニング教材は「聞いて終わり」ではなくて、そのレベルに近づくためのヒントがたくさん詰まっています。

 

少しそういった角度からリスニング教材を眺めてみてはいかがでしょうか。

 

きっと素敵な発見があるはずです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログの感想、IELTS対策で取り上げてほしい

テーマなどのリクエストはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


The following two tabs change content below.
1984年生まれ。同志社大学経済学部卒業後イギリス留学を決意。苦手科目であった英語を克服し、ケンブリッジ大学大学院へ。ケンブリッジ大学では心理学を専攻し「知能」と「モチベーション」の研究をテーマに修士課程を修了。ケンブリッジ大学に入学した2007年からIELTS講師として活躍。これまでに1,000を超える日本人を指導し、京都に設立した教室には遠方からも受講生が集う。2013年7月22日には日本人が最も苦手としているライティング試験に特化した『IELTSライティング完全攻略』(明日香出版社)を出版。

 

 

 

 

 

Category

 

 

 

Tags

 

PAGE TOP

Copyright © 2017 British Council. All Rights Reserved.