Speaking

Types & Characters

2017年02月24日

ビデオで学ぶIELTS受験のヒント-Speaking(4)Pronunciation

                                    今回もIELTSの各コンポーネントについての評価基準や、それをふまえたヒント、学習方法を、かわいいイラストと共にシェアしているビデオを紹介します。 さて、スピーキング・テストの評価基準の最後のひとつ、『発音』について。   Improve English for the IELTS Speaking test : Pronunciation (Youtube, 3:37)   まずは、ビデオで紹介されていた発音の評価をあげるために押さえておきたいポイントのおさらいから。 *Individual sounds 単語のスペルそのままの発音をしない単語も多くあります。しっかり覚えておきましょう。 *Word Stress 単語のアクセントの位置を間違えてしまうと、聞き手が他の単語と勘違いしてしまうこともあります。単語を覚える時は、アクセントも一緒に覚えましょう。 *Sentence Stress 文章の中でも、大事なポイントはしっかり強調して話しましょう。少し言葉を強めたり、スピードを遅くすることで強調することが出来ます。 *Intonation アクセントを意識することに慣れると、抑揚をつけて話すことも容易になります。抑揚のない均一なトーンで話すと、暗記してきた文章をそのまま話しているような印象を与えてしまい、テストのスコアが下がることにつながるので、気を付けましょう。 *Chunking 耳慣れない言葉ですが、文章の切れ目に短い間を置いて話すことをChunkingといいます。洗練されたスピーカーは、演説の際に、この技術を多く使って話しています。ぜひ意識して聞いてみてください。   では、この『発音』のポイントを向上するために、何ができるか。以下の3つをおすすめします。 英語を聞く環境を作る BBCやVoice of America、もしくは自分の興味のある内容の英語のプログラムを聞いて生の英語に触れておくのは、とても大事です。BGMとして聞き流すだけでも、英語の自然なリズムやイントネーションに少しずつ慣れていくことが出来るので、試してみてください。 話すときは、焦らない どうしても焦って早く話してしまいがちですが、そうすると大事な言葉や単語をとばしてしまう等のミスも起こりやすくなります。ゆっくりでいいので、まずは明瞭に話すことを意識しましょう。 […]

 

Types & Characters

2017年02月14日

ビデオで学ぶIELTS受験のヒント-Speaking(3)Grammar

                                      今回もIELTSの各コンポーネントについての評価基準や、それをふまえたヒント、学習方法を、かわいいイラストと共にシェアしているビデオを紹介します。 さて、今回はスピーキング・テストの評価基準の3つ目、『文法』について。   Improve English for the IELTS Speaking test : Grammar (Youtube, 3:33)     文法について問われるのは、様々な文法の構造をアレンジした長めの文章を話すことが出来るかどうか、そしてその文章がどのくらい正確かということです。 もちろん100%正確というのが理想ですが、スピーキング・テストでのバンドスコア7の基準としては「some grammatical mistakes persist」とあります。つまり、いくつかの文法的な間違いは問題ないということ。 間違いの数よりも、話が伝わりづらくなってしまうような間違いのほうが減点の対象になります。つまり話したいことが明確であること、話の内容をコントロールできていることが大事だということです。 文法のミスによって話が伝わりづらくなるのを防ぐために、準備できることを2点、紹介します。   1、しっかり準備をすること テストのフォーマットや、どんな質問をされるかをあらかじめ確認しておきましょう。ビデオでも少し紹介していましたが、IELTSの出題の傾向を把握しておくことは大きなアドバンテージになります。 2、練習をすること 『語彙力』についてのビデオでも紹介しましたが、やはり練習は欠かせません。文法についていえば、「Did you~?」と聞かれた場合は、過去形で返答するといったように、間違えやすい時制を意識しながら話す練習や、実際に自分が話している声を録音してみてください。実際にテストを受ける時と同じように、間違えてしまっても諦めず、言い直す練習をするのも忘れずに。   受験者のバンドスコアに合わせて質問が変わったり、バンドスコア別の受験者数の配分が決まっているということもないので、IELTSはとても公平なテストです。ぜひ、自分の全ての力が出せるよう、ポイントをおさえた準備をしっかりしておきましょう。 そしてもうひとつ、スピーキング・テストのスコアは、全てのスピーキング・テストが終わってから採点されます。最初に緊張してしまってうまくいかなくても、後からしっかり挽回することは可能です。落ち着いて取り組みましょう。     次回ご紹介するビデオは、スピーキング・テストの評価基準の最後の一つ『発音』についてです。ぜひお楽しみに!   […]

 

Types & Characters

2017年01月10日

ビデオで学ぶIELTS受験のヒント-Speaking(2)Lexical Resource

                                    さて、今回もIELTSの各コンポーネントについての評価基準や、それをふまえたヒントや学習方法を、かわいいイラストと共にシェアしているビデオを紹介します。 今回はスピーキング・テストの評価基準4つのうちの2つ目『語彙力』についてです。   Improve English for the IELTS Speaking test: Lexical Resource(Youtube, 3:41)     語彙力について評価されるのは、その幅広さはもちろん、その語彙を効果的に使うことが出来ているかが重要です。そのためにも、ビデオでも紹介されていたポイントを改めておさらいしましょう。   ●Collocation 自然な英語に聞こえるように、一緒に使うべき単語を組み合わせることができているか。 例えば、電話を掛けるという時に「a phone call」と共に使われる単語は「do」ではなくて「make」です。   ●Connotation その単語が持つニュアンスを正しく理解しているか。 例えば、「あまり動かない人」について話すときに「lazy」とするか、「inactive」とするか、「laid-back」とするかでニュアンスが変わってきます。そのニュアンスを理解したうえで使えているかどうかが試されます。   ●Less common vocabulary あまり一般的でない単語も会話の中で使うことができるかどうか。   以上をふまえると、単語の覚え方も変わってきますよね。 ビデオでは、おすすめの学習方法も紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。   そして語彙が増えてきたら、とにかくその単語を使うチャンスをつくること! ぜひ様々な事柄について英語で話す練習をしておきましょう。 […]

 

Types & Characters

2017年01月06日

ビデオで学ぶIELTS受験のヒント-Speaking(1)Fluency and Coherence

                                    こんにちは!ブリティッシュ・カウンシル試験部です。 2017年が始まりました。皆様にとって、夢や目標を叶える1年になりますように。 本年もよろしくお願いいたします。   さて、そろそろホリデーシーズンも終わって、会社や学校が始まる頃でしょうか?   新たな気持ちになったところで、IELTSの各コンポーネントのポイントをおさらいしてみませんか。 各コンポーネントの評価基準を紹介し、それををふまえたヒントや学習方法を、かわいいイラストと共に丁寧に説明しているビデオです。 まずは、ぜひご覧になってみてください。   Improve English for the IELTS Speaking test : Fluency and Coherence.(Youtube, 4:46)   このビデオで説明している、スピーキングでテストされる4つの評価基準のうちの1つ目『流暢さ(fluency)と話しの一貫性(coherence)』について、理解していただけたでしょうか。この点について大事なポイント6つをまとめてみました。   1, ある程度の長さの文章で話すこと 2, 考えを論理的に整理すること 3, Signpostingが適切にできていること 4, 意見を表現したり、相手が納得できるように説明すること 5, 話題について、じっくり考え議論すること 6, 話が長く中断してしまったり、繰り返し同じ単語を使うことを避けること […]

 

IELTS受験のヒント

2015年07月08日

【IELTS受験のヒント】第43回 スピーキング力を向上させる表現力をどんどん増やそう!

第43回 スピーキング力を向上させる表現力をどんどん増やそう!   みなさん、こんにちは。   ライティングはアカデミックライティングということもあり、 なるべく口語表現を避け、フォーマルな言葉を選択することが重要です。

 

IELTS受験のヒント

2015年04月15日

【IELTS受験のヒント】第40回 表現力がぐんぐん高まる、仕組みのつくり方

第40回 表現力がぐんぐん高まる、仕組みのつくり方   みなさん、こんにちは。   ライティングやスピーキングで表現力を増やすことが スコアアップのポイントの1つだと言えます。

 

tips_for_IELTS

2015年01月28日

【Tips for IELTS】Speaking

The University Timesで好評連載中の「IELTSテストのコツ」。こちらはBritish Councilの人気講師が毎回執筆しています。 今回はThe University TimesのVol.37で掲載された、「Speaking」に関して【Tips for IELTS】です。

 

IELTS受験のヒント

2015年01月20日

【IELTS受験のヒント】第35回 目標を達成する人に共通する前進力とは

  第35回 目標を達成する人に共通する前進力とは   みなさん、こんにちは。   「IELTSで目標スコアをしっかりと達成したい。」

 

IELTS受験のヒント

2014年12月04日

【IELTS受験のヒント】第33回 ライティングやスピーキングを確実に上達させるために

  第33回 ライティングやスピーキングを確実に上達させるために   みなさん、こんにちは。   IELTSで良いスコアをとるためには 学習が必要なことは言うまでもありません。

 

IELTS受験のヒント

2014年01月15日

【IELTS受験のヒント】第11回 自宅で簡単にできるスピーキング練習法!

  第11回 自宅で簡単にできるスピーキング練習法! みなさん、こんにちは。 あけましておめでとうございます。   第11回目の連載である今回は スピーキングの意外な練習方法をお伝えしましょう。

 

 

Category

 

 

 

Tags

 

PAGE TOP

Copyright © 2017 British Council. All Rights Reserved.